2011年10月16日

環状線唯一の踏切

PA160056.JPG

雨も上がり快晴の日曜日になりました。

大阪市立美術館に行くついでに、天王寺駅と今宮駅間にある
開かずの踏切を見てきました。

名前は「1ツ家踏切」。環状線だけでなく、関西線も共用しています。

車両は通行できず、人の往来も近くの地下道を迂回するように
看板が出ていました。

久しぶりに環状線を一周致しました。

posted by orange at 22:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんにちは。鉄道大好きの黒葛裕之です。

正確には大阪環状線ですね。JRでは漢字で4文字の線区は、大阪環状線と指宿枕崎線の2つしかありません。(私鉄なら鶴見緑地線とか石山坂本線とかありますが)。
大阪環状線の路線については、2つ解釈がありまして、1つは大阪を起点に(京橋、鶴橋、天王寺、弁天町、西九条を経て)大阪を終点とする21.7キロの路線という解釈(JR 線路名称公告)です(この場合、天王寺・今宮間は関西本線との重複区間となります)。もう一つは、天王寺から、大阪を経て、新今宮までの20.7キロの路線という解釈(データで見るJR西日本)です(この場合は、新今宮・今宮間は関西本線の重複区間です)。

この一ツ家踏切(天王寺と新今宮間です)は2012年6月に廃止されたようで、その結果、大阪環状線には踏切がなくなりました。

それでは福島駅の北にある浄正橋の踏切はどうなるのかというツッコミには、ここは東海道本線の貨物支線(通称梅田貨物線)となっています。この貨物線は、関空にいくはるかが通るために、「はるかルート」といわれます。貨物線を旅客車が通る例は多く、運賃計算のために営業キロ程を設定している区間が多いのですが、はるかルートは営業キロの設定がなく、大阪経由で運賃および料金の計算をします。
Posted by 黒葛裕之 at 2012年08月29日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48851240

この記事へのトラックバック